占い師に必要な資格や年収、勤務時間について

最近では占いに関する様々な書籍が販売されており、誰でも簡単に勉強できるようになりました。

とは言え、専門的に学ぶためにはより本格的な経験が必要なのですがそもそも占い師になるために必要な資格や、実際に働くことで得られる年収、勤務時間はどのような感じなのでしょうか。

占い師になるために必要な資格

例えば看護師や介護士など、世の中にはある仕事をするために必ず取得しなければならない資格というものがあります。果たして占い師にも何らかの資格が必要なのでしょうか。

その答えはズバリ、何も必要ありません。中には占い師資格や認定証を発行している団体があるため、これらを取得しなければならないのではないか、と感じる人もいるかもしれません。

しかし、これらはあくまでも民間の資格であって趣味の範疇のことなので、必ず取得することが条件ではないのです。

現時点で占いをするための公的資格は存在しませんが、占い師になりたい人は取得をしておくと自信につながるのではないでしょうか。

占い師の年収

占い師はどれくらいの年収になるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。在籍している店や地域によっても異なるのですが、例えば東京を例にしてみると大体300万円から400万円だと言われています。

ただ、これはあくまでも単純に占いだけを専門にしている先生に限ったことなのですが、人によってはその他にも書籍を出したりテレビ出演を果たす人もいます。

そうなると、この額にある程度上乗せされて超がつくほどの人気の先生になりますと1000万円にも達すると言われています。

電話占いの場合は、体力さえ続けば月収でも100万円を超える場合も少なくありません。

占い師の勤務時間

勤務時間も店によって異なるため一概には言えません。しかし一般的には早番と遅番で構成されることが多く、前者が10時から16時、12時から18時までで後者が18時から22時までとなっています。

これはあくまでも対面式の店舗でのシフトであり、電話占いになると24時間オープンしているところもあり若干変化がありますので注意しなければなりません。

電話占いでは例えば深夜にだけ対応している先生もいますので、夜が弱いという人には中々難しい仕事でもあるのです。

この記事のまとめ

占い師はどれだけ集客ができてメディアに取り上げられるかによって年収も変わってきます。

勤務時間も変動するため体力がないと簡単には務まらないため、比較的厳しい仕事だと言えるでしょう。

人気の占いサイトランキング!